安いタイヤって大丈夫なの?

 

私、ともすけがいただく質問で、一番多いのが

 

「こんな安いタイヤ大丈夫なの?」ですw

 

気持ちはわかります、なんせ日本製品にくらべ
半額以下とかですからww

 

普通、お店に行って、同じ種類の商品が半額で売ってあったら
「???」ってなりますよね

 

「あ、あやしい」←いや、だから・・・失礼だから(^_^;)

 

それでは、私が普段お客さんに説明してることを
そのまま書きますね

 

まず、安全面においてですが、
これは大丈夫といっていいです。危ないということはないです
少なくとも、タイヤ業界や協会が取り決めている基準数値は
クリアしているはずです

 

ナンカンにしてもクムホにしてもその他のメーカーにしても
現在はかなりの本数を販売しています

 

とりわけ輸出も相当な数になっていますので
りっぱな国際企業なわけです
もし、品質に致命的問題があれば、とっくに倒産してるはずです。

 

タイヤは車の安全を確保するのに
ものすごく重要な部品ですからね・・・

 

たとえば、極端にグリップしないとか
パンクしやすいとか、バースト(破裂)しやすいとか
そういうことはまず無いと言ってよいです

 

次に性能面においては

 

正直に書きますと、やはり・・・同じではないです

 

ブリジズトン、ヨコハマあたりの、ハイグレードのものと比べると
静粛性、グリップ力など実力の差はいなめません

 

ノイズやコーナリングのフィーリングなどの違いを
乗車時に体で感じるかもしれません

 

よくお客さんに「こんなもんいっしょやろっ!」っていわれるんですが(笑)

 

同じ性能のものが、半額ちかいというのは
市場の原理にそむきますw

 

やっぱりですね・・・同じでは・・・ないです。

 

しかし、最近は軽四でも17インチの時代
どんどんタイヤの大径化がすすんでますので
お値段もバカになりません

 

四本交換で10万しごと、ということはざらです(汗)

 

たとえば10万円するものが
性能では多少劣るけれど、同じサイズ、同じ規格で
半額の5万円で買えるとなると

 

これは十分に考慮に値するわけです

 

奥さんに聞いてみてください
大賛成されること受けあいです^^

 

また、先ほど「体感」の話をしましたが
逆を言えば、さほど違いを感じない人もかなり多いわけですね

 

 

ともすけ個人の意見としては

 

タイヤは消耗品ですので
一度試してみる価値はあるのでは?と思います

 

余談ですが、現在、シェア世界no.1となった
我らが日本メーカー「ブリジストン」も

 

わずか数十年前までは、価格重視商品を主力とした
偏狭アジアの一弱小メーカーに過ぎませんでした

 

時代は繰り返されるのかもしれませんね^^

 

 

↓↓↓アジア系タイヤNO.1ショップ!管理人も利用しています!!

 

 

 

 

 

 

 

 



TOP ◆激安でタイヤ交換 ◆安いタイヤって大丈夫? ◆どこで交換するの? ◆簡単!タイヤの選び方 ◆個人情報入力は怖い?